天界のセラピストティムシェル

セラピスト・ティムシェルの世間話

ラブアンドライト横浜♪

3年ぶりに、横浜トリエンナーレを観てきました。
 
今回は、「華氏451の芸術:世界の中心には忘却の海がある」というテーマで、何か大切な忘れ物はないかというコンセプトのもと、反戦的なものや、地球上には公にはされない過酷な世界や、知られざる世界がある・・・?といったテーマの作品も数々展示されていました。と、ふと、この国でも、公にされない生き強い方々のダークな面がたくさんあろうに・・・少々偏りも感じましたが、アートが、「つくる」ことが、生きづらい人々にも居場所を与えてくれるあたたかさがあるかも…ということだけは、再確認できた気がします。
 
「世界の中心には忘却の海がある」とは、確かに、私も旧ブログで書かせていただいていますが、「海」という塩と水で浄められつつ、常に上から降り注がれる「忘却スプレー」トラップで、やましさや後ろめたさの化学反応により、原爆でも、原発でも、天災でもなんでも、すぐに忘れてしまう日本の民への警鐘とも言えるかもしれないテーマとも感じました。
 
それにしても、テーマが高尚すぎて、よくわからないものが多かったなーと、3年前と比べては失礼ながら、正直、後者の方が面白かった気がしました。
 
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
ゴミを狙うカラス・・・?
 
夜景が美しかったです・・・
 
久々の馬車道は、まるでヨーロッパの街並みさながらで、元町商店街はおしゃれな方々の行き交う老舗の多い素敵な場所で、神戸の三宮を思い出しながら、幸せな気分になりました。
 
またぜひ訪れたいところです♪
 
イメージ 9
イメージ 10
フェニックスでしょうか・・・?元町商店街にて