天界のセラピストティムシェル

セラピスト・ティムシェルの世間話

なりすまし注意

突然、降ってわいたように、いつの間にかまた選挙になりました。
今度はだれ?と思いきや、市議会議員だそうで、最近頓に、選挙カーが本人不在で街中を走り回っています。
「最後まで戦いぬきます~」と具体的に何をどう戦いぬくんだ?と突っ込みを入れたくなる実のないアナウンスが多い中、とにかく何を訴えているのかわからない、聞き取れません。もはや政策なしの名前を売るだけか・・・と、毎度思うことですが、一票投じても変わらない政治の世界に嫌気がさしつつ、選挙ポスター前でポスターを真剣に見比べている年配男性が貴重に思えてきます。
 
感じるのは、何でも身分証が必要なこのご時世に、選挙はまだその必要がなく、選挙当日投票用紙さえ持っていけば、誰でもなりすましできる可能性があるなーということです。あって性別くらいでしょう。恐ろしや恐ろしや・・・
 
このようにして身体の不自由な選挙に行けない方々の代わりに、親切を装い、組織票獲得に奔走する某団体の人々の様子も想像に難くありません。(たぶん真実)
先の衆議院議員選挙投票日の異例の混みようも逆転を図る必死の重複作戦だったかもです。
 
「不正選挙」のいわれは、「なりすまし」のことも示していたのかもしれません。(改めて・・・)
このなりすまし可能なゆるいシステムが厳重になったら、世の中改善されるかしら・・・?
いや、もっと投票率が下がって、ますます組織票が有利になるだけかも・・・
などと、先日話題となった比例代表制への疑問とともに、投票に費やす時間をむなしく感じる今日この頃です。
 
とはいえ、お上がどんなであっても、ささやかながら平和に暮らせている日々を天に感謝します。