天界のセラピストティムシェル

セラピスト・ティムシェルの世間話

人生の青写真

つい最近、十年ほど前の懐かしいドラマ「JIN~仁~」の再放送があり、忙しさとうらはらに虚無感にさいなまれた教員時代末期の思い出が蘇りました。。

ちょうどそのころは、天界のエンジェルヒプノセラピー®に出会い、教員最後のフランス旅行で初めて天使を見た!時、そして目に見えない高次元の存在を確信した頃でした。。

なので、その、過去世に戻って未来を変える、過去と現在と未来はつながっているというまさに天界の真実を語っているような、確か日曜のゴールデンタイムのドラマとしては衝撃的というか、画期的という感じのストーリーにはひとかたならぬ思いがあります。

その上なんと、奇しくも、その頃勤務していた学校の教え子の親御さんがそのドラマの制作主要スタッフだったというその男児自らのこっそり告白で知った奇蹟に、天界からのメッセージを頂いたようでした。。

そのドラマにも言及した8年前の、天界のセラピストへの本格的な修練が始まった頃のブログの「予言、預言」「予言、預言その2」と題した記事には、自分自身の人生の魂の目的に関する予兆的な、人生の青写真的なエピソードが書き記してあり、思わず読み返してしまいました。。

extimshel.livedoor.blog

extimshel.livedoor.blog

さて、この「JIN~仁~」というドラマ、

今回は再放送されなかったけれど確か完結編が続編としてあり、

天界の視点でそのおぼろげな記憶を総合すると、改めて、

「魂の記憶」「魂の自由意志」について象徴的に描かれた話で、

医療や科学技術が発展してもなお、人知をはるかに超える、目には見えない大いなる存在によって生かされていることを思い知らされる、

私たち人間に「魂の気づき」をもたらすとても深いドラマに感じ、

精神世界に興味をもたれた方なら多くが共感されたことでしょう。。

 

そしてそのゆるぎない大いなる存在こそ、万物の源「天界」といえましょう。

 

母の闘病を経験してからは、かつては興味を持っていた花魁に代わって、

脳外科医南方仁の、あまり器は大きくないけれど、外科医としての技能と医師としての志の高さと人間味の魅力、

そして、南方医師の助手として医道に目覚め、生涯独身を貫き医術に尽くす橘咲という武家のご息女の実直さに魅力を感じました。

そういえば、数年前に母の関係で出会った人としてちょっと憧れた医師がいまして、その方とのご縁を勝手に自己催眠とチャネリングしたところ、山梨っぽい田舎で、多分武士ではありませんが橘咲女史のように、その憧れの医者の助手のようなことをやっている過去世のヴィジョンが出てきて意外だったことを思い出しました。

実際、自らも頭があったら医者になりたいなーとちょっと本気で憧れつつ、昨年にはとうとう看護師的なことも行っておりました。。

 

医療漫画は子どものころ夢中で読んだ手塚治虫の「ブラックジャック」以来で、

このドラマの原作はよく存じ上げないのですが、

タイトル「仁」は、主人公の医師の名前だけでなく、「医は仁ならざるの術、務めて仁をなさんと欲す」と医師の謙虚さを説いた大江雲澤という江戸時代の名医の言葉と関係があるんだろうな。。。

改めてこのドラマ出演者全員が、神(天界の)の領域に達したと言ってよいほどの演技力で、何度見ても魅了されてしまいました。誠に、皆さん過去世は演じた役柄そのままだったのかもしれません~

そしてきっと何かがそうさせたのではないかと思います。。

このドラマの放送後、確か、まもなく東日本大震災が起こったと記憶しています。。

 

人間の魂の(目的を達成するための人生)計画は、魂の自由意志で、その計画の中で、魂のレベルによって形を変えても、生まれるものは生まれ、亡くなるものは亡くなり、学ぶものは学び、(例えば、ドラマの中で、南方医師と恋人未来が天界で誓った出会うべく運命の魂同士だったとしたら、)出会うものも出会うのでしょう。。

当時の私にとってちょっと難しく印象深かったのは、パラレルワールドと言われる魂の選択による人生プランABCいくつかの世界。

天界の視点では、霊格といわれる魂のレベルによるベストからワーストまでの5つの選択肢からなる世界・・・。。

魂が天界でマスター達とおおよその計画を立ててきた人生を自由意志で最善のものにするか否かに、魂のレベルが影響するということのようです。

つまり、魂のレベルによって、遭わなくてもよいもの・人も出てくるといえるでしょうか。。

この物語の意図が、もし、南方医師と恋人未来が天界で誓った魂同士なら、

ベストな未来であれば、病気も治って(あるいはもともと発症せず)ソウルメイトとして(恋人未来の魂が形を変えて別の人物となって現れても)最高の人生のパートナーとして末永く人生を分かち合う、という人生計画を全うできるということなのかもしれませんし、

また、もし、恋人未来(の魂)との出会いがベストな未来ではなかった(ソウルメイトではなかった)としたら、まだ出会っていない、最高の魂レベルで出会う最高最善の別の魂の相手が待っているという可能性もあるということかもしれません。。

 

バタフライエフェクトの話が出てきましたが、南方医師が江戸の町で様々な決断をし(医術の)行動するたびに、恋人未来とのツーショット写真が変化し、どのような選択をすべきか悩みながらもその写真が、青写真となって、ある程度南方医師の指針になっていることが今回とても印象的に感じました。。

南方医師の持っていた自分の選択した行動で変化する写真が、実際にも人生の青写真としてあったなら、この道がベストな選択かどうかわかりやすくていいなーなんて思ったりして。。。

でもそしたら、厳しくも、一番学びが多いとされる「人間」でいることの醍醐味がなくなってしまいますね、きっと。。

 

目に見えない人生の青写真を携えて、時に天界の光のもとで確認しながら、地上でたくさん学び、魂の目的を果たして、最高の魂レベルで、めでたくこの人生ゲームの天界のゴールを決めたいものです~。。。

f:id:timshel:20200701002109j:plain

撮影にちょっと緊張愛しのTim坊

 Timshel!

 

trtimshel.jp


天界の絵本「魔法のおくりもの」

魂のレベル

 

日々有難くクライアント様とのご縁で学ばせて頂いています。。

つくづく、謙虚であることの大切さ、何をおいてもまず感謝することの大切さを忘れてはならないと思い知らされます。。

 

あるご相談者の方は、大変大きな問題を抱えているにも関わらず、どんなに天界のマスター達やご先祖様方からの重要なメッセージをお伝えしても、今ひとつピンとこない感じで、むしろセッション費用の損得を気にされているご様子に、はがゆさと責任を感じ、天界に何度も訊ねながら、最善を尽くそうとしているのですが、

ふと、これは霊格と言われる、魂レベルによるのだと改めて痛感しました。。

いくら天界の光に気づいたとしても(その方はご先祖様方のお計らいでこちらに導かれたようですが)、魂レベルがまだ天界を知るレベルに至っていないか、欲の方が勝ってしまったか、天界の真実を受け入れるレベルに至っていないか、なのかもしれません。それはもちろん、優劣ではなく、本人自ら天界に近づけない(というか近づかない)何かがあるようです。。それは、過去世からの思考パターンや思い癖といったものによるでしょうか、現状は変えなくていいという本人のご意志なのでしょうか。。

やはり最後はご本人の自由意志が尊重され、ご本人にその意志がないのに、周りはもうどうすることもできません。。

ただご本人が気づかれるまで、待つしかない、のでしょう。。

 

もし私だったらとても耐えられないだろう、かなり大変な事態に何度も何度もなり、

それでもまだ上述のようなことをやっていらっしゃるその方から見させられているものは、ふと出てきた「カルマ」という言葉とともに、来世も人間としてお生まれになるということなのかもしれません。。来世への持ち越し・・・??

せっかく天界のセラピーを選んで頂いて、今世が最後と言われる自分オリジナルの魂での人生の、魂の目的を果たしてできれば人間界を卒業できたらベストでしょうけれど、

ほとんどの方は来世に持ち越されるのかもしれません。。。

 

いまだお支払いを頂いていない方もいらっしゃいます。。

これもまた魂のレベルが為せる行いか、魂レベルに影響することだなぁと改めて思いしらされつつ、

そんなセッション後の私を黙って癒してくれる我がTim坊ちゃんは、私にとって最高で最愛のセラピーキャットです。

f:id:timshel:20200625184556j:plain

 久々に、がんばって撮らせてくれました☆ありがとう♡

 

Timshel!

 

trtimshel.jp


天界の絵本「魔法のおくりもの」

許してニャニャラッチ

本当は毎日のように親ばか写真を撮りたい気持ちでいっぱいなのですが、以前のブログ等でも書かせて頂いた通り、特にTim坊のカメラが苦手?!が気の毒で、ここ一か月ほど自粛しておりました。。

カメラなしでリラックスできた?おかげさまで、Shel嬢、とくにTim坊との関係はさらにいい感じになってきて、呼ぶとおこたから出てきてくれたり、私の足元をうろうろとついて来たり、ニャーのお返事やご挨拶のおしゃべりが増え、なでなでゴロン・ゴロンなでなでは日課となっています。

ここ最近は、今まで近づくと降りてしまっていたキャットタワーに、私がタワーの近くに立っていると、挨拶をしにわざわざ上ってきてお手手をだらんと前に出してくつろぎながらなでなでさせてくれるようになり、完全抱っこはやっぱりまだ簡単ではないけれど、ちょっと抱き上げる(上体起こし)程度ならあまり抵抗もなくできるようになってきました。

マドモワゼルShelも、触られるのがあまり得意ではないのに、時々、がんばってイッタい猫パンチなくじっと耐えるように^^;、あえて触らせてくれる姿が健気ですし、こたつがひっくりかえったとか、何かの時は知らせてくれる頼もしいお姉さんです。最近では、キャットタワーに上ってねんねこしている姿を見せてくれて、そっと近づいても逃げないでくれているのは、ほんと、1年8ヵ月前は、想像もできなかったこと。。可愛くて、しばらくぶりにそっと撮影させてもらおうとしたとたん、

片手で隠すように持っていたカメラを目ざとく見つけたTim坊が、それまでのんびりくつろいでうとうとしていた爪とぎベッドから飛び起きてカーテンの裏に隠れたまま出てこなくなってしまいました。。。トホホ。。。

いっくら呼びかけても出てきてくれず、またまた、ちょっと関係後退な感じで、2日目の今日ようやく回復してきました。。

Shelちゃんは、その辺ニャニャラッチ対応が素晴らしく、撮影前はもっとリラックスして「まぶしい寝」にキュンキュンだったのですが、そこまでは無理としてもニャニャラッチの褒め言葉に寝姿を演出?!協力してくれました~♡

f:id:timshel:20200620184955j:plain

久々の一枚。。このカーテンの後ろにTim坊が息をひそめて隠れております。。。

 

ニャニャラッチにも心を開いてくれるまで、前途多難な感じですが、やはり、少しずつ、気長に行きたいと思います。。

 

Timshel!

 

trtimshel.jp


天界の絵本「魔法のおくりもの」

葡萄にまつわるエトセトラ

大変ご無沙汰しております。。

全国移動も可能となり、コロナを通じた精霊達からのメッセージは伝わったかどうか、ひとまず緊急事態から、また人々の暮らしが動き始めた感じです。。

いつ行っても品薄な店頭の棚に品物も戻ってきた感じで、久々の買い物袋の重さに厳しさを覚えながら、頭上でバサバサッと大きく翻る者の気配に驚き見上げると、瑞々しい緑の葉が茂るブドウ畑の上を鷲?!いや鷹?!のカイトが風にはためいているではありませんか。。こんな間近で初めて見た!鳥追いカイトが、3羽ほど一定の間隔を保って、ふくろう案山子?とともに、大切な箱入り娘ならぬ傘入りブドウちゃんたちを守っていました。。

 

わがニャン子も驚くほど、毎日ブンブンでっかくはためいて畑の番をがんばっている鷹カイト君を横目に、挑戦的なカラスたちが堂々と畑の中に入ってカラス同士で戯れています。。

f:id:timshel:20200619140141j:plain

カラスと鷹の攻防

よく観察してみると、すでに実って大切に傘かけされたブドウちゃんたちは色づきつつあり、どうやらご近所のブドウ畑ではデラウェア?の種なしブドウを作っているようです。。そういえば、店頭にも種なしブドウが並んでいたっけ。。

ブドウの季節かぁ・・・

 

ブドウ畑といえば、

急に、葡萄のことが気になりました。。

怒りの葡萄」は、感銘を受けた魔法の言葉「timshel」を現代の世に知らしめた、かの偉大なる「エデンの東」の著者ジョン・スタインベックの小説でしたし、

有島武郎の「一房の葡萄」も、葡萄の存在が象徴的です。

葡萄は、「創世記」9章20節に、箱舟から出たノアが「農夫として始めて葡萄を植えた」(旧約聖書 創世記 関根正雄訳 岩波文庫より)ともあり、相当古い栽培植物で、(日本でも奈良時代の頃には葡萄唐草文様があったようで)かつ、

ヨハネの黙示録14:18,19にも、天使が鎌で、実の熟した「地上の葡萄を刈り集め」神の怒りの巨大な酒ぶねの中に投げ込んだ(ヨハネの黙示録 新約聖書翻訳委員会訳 岩波参照)と、死後の最後の審判か、まるで、人間の象徴のような葡萄に、

葡萄酒が表す、多くの人の為に十字架磔刑で流されたジーザスの血(ヨハネの黙示録にある、酒ぶねの中に投げ込まれた葡萄は、踏まれると血が馬のくつわに達するほど流れ、また、パリ国立図書館蔵のイギリスの黙示録写本では、その酒ぶねには猿のような魔物が放り込まれている絵が表されている(同上参照)ことからすると)それは、人間の煩悩的な部分の象徴であり、尊い聖なるものでもあるんだなぁと、キリスト教の儀式も示しているようですし、

人間の煩悩の性(さが)の「性」と清らかなる「聖」の相対するものを「葡萄」が象徴しているということかしら・・・!?(近所に拡がる畑のブドウが種なし葡萄って少々皮肉な気も・・・^^;)

(余談ですが、ヨハネの黙示録にある「地上の葡萄」は、常に天使とルシファーのせめぎ合う人間を表し、マタイ福音書にある「地の塩」は自らも厳しい試練に耐え地上に光をもたらす天の遣い人を表している、ということでしょうか。。。)

 

そんな葡萄とワインの産地として「ワイン県」!!?ともなった山梨に暮らすことになって、天からのご縁か、改めて感慨深く思う今日この頃です。。

Timshel!

 

trtimshel.jp


天界の絵本「魔法のおくりもの」

天界の視点で

ご無沙汰しております。。

5月に入ったと思ったらいよいよ熱中症対策もしないといけないくらい暑くなり、ティム&シエルのために取り急ぎ窓フェンスを用意したものの、急に寒くなったりして、どうも落ち着かない陽気が続いています。。

緊急事態宣言も解除の方向のようで、今、「ソーシャル・ディスタンス」や「キープ・ディスタンス」なる言葉が出現し新しい習慣となりつつありますが、

ふと私の好きなベット・ミドラーの「フロム・ア・ディスタンス」という曲を思い出しました。改めてその歌を聴きながら詞にジーンと来てしまいました。

これは天使の詩でした・・・!

と一瞬、天使達が、地上の人間達が気づくまでただ見守るしかない場景が浮かんで来たシーンもあったのですが、

文字通り、同じ土俵に立たず、高みに立って見れば、たとえ辛い状況も違って見え、今起きている状況ももっと冷静に、客観視できる。

もっと言えば、人間としての視点ではなく、天使、天の御使い(天の遣い人)の視点、「天界の視点で」といったメッセージかもしれません。。

改めて素敵な歌です。。。

 

FROM A DISTANCE (Julie Gold/Bette Midler)

 

From a distance the world looks blue and green

And the snow capped mountains white

From a distance the ocean meets the stream

And the eagle takes to flight

From a distance there is harmony

And it echoes through the land

It's the voice of hope

It's the voice of peace

It's the voice of every man

 

From a distance we all have enough

And no one is in need

There are no guns, no bombs, no disease

No hungry mouths to feed

From a distance we are the instruments

Marching in a common band

Playing songs of hope

Playing songs of peace

They are the songs of every man

God is watching us

God is watching us

God is watching us

From a distance

 

From a distance you look like my friend

Even though we are at war

From a distance I just cannot comprehend

What all this fighting is for

From a distance there is harmony

And it echoes through the land

It's the hope of hopes

It's the love of loves

It's the heart of every man

It's the hope of hopes

It's the love of loves

This is the song of every man

 

God is watching us

God is watching us

God is watching us

From a distance・・・

 

 

天界(の視点)から観てみれば(はるか下の)地球は青く、緑に覆われ、

雪を被った山々が白く連なっています

天界(の視点)から観てみれば、大海は小川と交わり 

鷲は羽ばたき飛んでいます

天界(の視点)から観てみれば、(地球には)調和やバランスがあり

それは世界中で共鳴しています

それは希望の姿

それは平和の姿

それはごくありふれた人間の希望なのです

 

天使の世界では 私たち(天使)は満ち足りています

困窮するものもいません

銃もなければ 核兵器もなく 病気も疫病も堕落もありません

飢餓もありません

 

天界(の視点)から観てみれば、

私たち(天使)は人々に天界からのメッセージを伝える道具であり

世界共通の楽隊です

 

希望の詩を奏で

平和の詩を奏で

それは人間のバラード

天界は私たちを見ています

天界のマスター達は私たちを見ています

天界から光の存在は私たちを見ています

 

天界(の視点)から観てみれば、

仲違いしていてもあなたは仲間

天界(の視点)から観てみれば、

この戦いが何のためのものなのか理解することはできません

天界(の視点)から観てみれば、(地球には)調和やバランスがあり

それは世界中で共鳴しています

 

それは真の希望

それは真の愛

それは人間の核なるもの

真の希望

真の愛

これは私たち人間のバラード

 

天界は私たちを見ています

天界のマスター達は私たちを見ています

天界から光の存在は私たちを見ています・・・

 

 

物理的に「ソーシャル・ディスタンス」も「キープ・ディスタンス」も必要かもしれませんが、

心のケアが叫ばれる、今こそ、「フロム・ア・ディスタンス」、

遠くから、天界から、もともと天界の光の一部だった私たちは、そこからはるか下のバランスの星、地球や、そこに自然とともに共生する自分たち人間を俯瞰して見ることが必要で、

そして、その大いなる「天界」の光は、いつも厳しくもあたたかい無償の愛で私たちを見ていることを、思い出してみて下さい。

 

Timshel!
 


Bette Midler - From A Distance (Official Music Video)

trtimshel.jp


天界の絵本「魔法のおくりもの」

七転び八起き

早いものでもう4月も終わりになりました。。

先日ティムちゃんが抱っこさせてくれる奇跡に喜んでいましたが、

一方でシエルちゃんに触れることはなかなか至難の業。

でも最近猫じゃらしさわさわに乗じて手でさわさわすることがほんの少しずつできる日もあればできない日もありといった感じです。

昨日は、あからさまに避ける姿に、なんだかちょっと、情けなくなってきて、シエルちゃんに切なさを訴えてしまいました。。

まあ、シエルちゃんの立場に立てば、気持ちわかります。。

お互い似た者同士^^;、さっきはごめんねと謝ると指のにおいをかいでゆっくり目をとじてくれます。で、触らせてとお願いすると、少し訴えが伝わったのか、やっぱり逃げ腰でビクンビクンとしていましたが、猫じゃらし作戦で、声かけながら片顎首耳頭の周辺を手で触らせてくれたのです。

これはもうすぐ触れるようになる兆しなのでは!

と仲直りをホッとしつつ迎えた今日、

掃除を終えた報告がてら、逃げ腰のシエルちゃんにそっと手を伸ばして片顎首耳頭周辺をゆっくりと触ると、ちょっと緊張しているようでしたが、シャーと猫パンチの抵抗もなく触らせてくれました!

猫じゃらしやちゅーるなどのアイテムなしにきちんと触らせてくれたのはたぶん初めてではないかと思います。

今日も記念日となりそうです♡

シエルちゃんありがとう!うれしいよ!

 

ティムちゃんとシエルちゃんとの日々は、七転び八起きの人生の縮図のようです。

まだまだ動物超初心者には超初心者なりの壁にこれからも遭遇すると思いますが、

急がば回れ

本当に、一つ一つ地道にクリアしていくしかないことを、不思議と彼らからは素直に学ばせて頂いています。

 

f:id:timshel:20200429153837j:plain

      ・・・なんなの・・・呼んでないけど・・・

     猫なで声はティムちゃん呼んだだけよ・・・ 

f:id:timshel:20200429154232j:plain

   只今、ティムちゃんと追いかけっこ遊び中につき・・・
         

   
Timshel!
trtimshel.jp


天界の絵本「魔法のおくりもの」

祝☆初抱っこ

気づくと、よく聞き取れませんが、毎日緊急事態宣言による自粛要請の市内放送が流れる今日この頃。

きっと第二次世界大戦の始まった頃も庶民の日々の暮らしはこんな感じだったのではないかという気がします。。

裏山はいつの間にか陽の光にきらきら輝くブドウ畑の若葉のように、新緑色に変わりニャン子たちとの穏やかな日々、

日に日にティムちゃんが復活してきて、最近おやつの時間になると、シエルちゃんと一緒にお出迎えしてくれます。

そして、そばに寄ってきて構ってほしそうなそぶりを見せてくれるので、少しずつスキンシップが増え、ちゅーるも積極的に食べてくれるようになってきたので、久々に二匹同時進行の勢い良すぎて少々大変なちゅーるタイムとなっています♪

で、夕ごはんの時間にごはんを持っていくと、やっぱり、おっかなびっくりでも構ってほしいしぐさでなでなですると喜んでくれるので、かわいくて、なんとなく、思い立って、首根っこを何回か試したのち^^;、お腹に手をまわしてそっと抱き上げたら、すっごくすんなりと、抱っこさせてくれました~♡

初めてです~~♡ちょっと感動♡

嫌がることもなく、少々きょとんとした表情で、ほんのしばらくの間顔を見合わせながら、静かにひざの上で抱っこさせてくれたその感触のなんて、あたたかく柔らかいのでしょう・・・!

重さといい、まるで赤ちゃんみたい!?

ティムちゃんが見つめ返し私が目を閉じると、ゆっくりスルリと腕の中から抜け出して、まるで照れ隠しのようにそそくさと、抱っこされる姿を見て驚きの表情を浮かべていたシエルちゃんの傍らに隠れようとする姿は、とってもかわいく、後から嬉しさがこみあげてきました。。

イカ耳シャーシャーの出会いから、1年6ヵ月と14日目の奇跡です~~。。。

ティムちゃんありがとね!

 

ちなみに、シエルちゃんも抱っこさせてくれるかな~♡と

ご本人におそるおそる訊ねると、

お触りをよけながら、「まだ(--〆)」とのことでした・・・^^;

 

で、記念のお写真も♡

と欲をかいたら、

今日の営業は抱っこで終了したそうです・・・。。

 

f:id:timshel:20200425211141j:plain

          おまけの一枚/

   
Timshel!
trtimshel.jp


天界の絵本「魔法のおくりもの」